« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月 アーカイブ

2006年08月02日

少女には向かない職業

子供の頃ににやっていた『来来キョンシーズ』が配信されてたのがきっかけで、ちょっと前からGyaOで映画やドラマを見ています。

来来キョンシーズを見ているときに入ったCMで気になったものがありました。それがGyaOオリジナルの『少女には向かない職業』です。

ストーリーは簡単に言うと、主人公の二人がひょんなことから出会い、そして人を殺してしまうまでを描くドラマです。

CMを見て想像したものと全然違って、最初の数話はグダグダで「大丈夫かこりゃ?」と思っていたのですが、出演陣が何気に豪華だったり、「せっかく見始めたので…」と見続けていたら、9話頃にはかなり盛り上がってきて最終回がとても気になりました。

そして先週、最終話の10話が配信され喜んで見てみたのですが…
(以下最終話のネタバレ含みます)

2006年08月08日

だんご三兄弟

巷で話題の某三兄弟の長男の話。

私は特別好きでも嫌いでもなく、応援はしていないけど結構試合は見ています。

2006年08月14日

ロリポブログ

ロリポブログの画像制限がなんとなく嫌だったので、Movable Typeを設置して移転しました。URLは変わってないですけど。

久しぶりにスタイルシートとかをいぢって疲れました。まだフォントサイズの指定とかもデフォルトのままで変更しようと思っているのですが、これでようやくグラナド・エスパダ(GE)の写真とかをアップできるようになりました!

2006年08月16日

グラナド・エスパダ

いまさらGEのプレイ日記を書くのもどうかと思うので、もうすぐ課金が切れるって事で1ヶ月プレイした感想(OBから含めるともう少し長い)を書いてみたいと思います。

ネガキャン気味になってしまうのはお許しをw

2006年08月17日

グラナド・エスパダ その2

運営についても色々書こうと思ったけど、前のエントリーがアホみたいに長くなっちゃったので短くなるように努力しますw

2006年08月19日

ゴルフだいすき!

ちょっと前に『ゴルフだいすき!』って言うゴルフのネットゲームが出るってのをヤフートピックかなんかで見ました。

その記事を見ると、『限定先行テスト』というクローズドベータテストみたいのを近日中にやるらしく、ちょうどGEに飽き始めてたころ、というか呆れ始めたころだったので、募集開始後に友達を誘って速攻応募しました。

5000人募集ということだったので、4つほどIDを作って申し込んでみましたw

そしてその結果が出たのですが…

2006年08月23日

ゴルフだいすき! Cβ

『ゴルフだいすき!』の限定先行テスト(クローズドβ)が始まったのでウキウキしながらやってみました。

上戸彩?

2006年08月24日

24 シーズン5

人気の海外ドラマ『24』のシーズン5のレンタルが9/2に始まります。そしてフジテレビで恒例の『24深夜一挙放送』(シーズン4)も10月頭くらいにやることが決まったらしいです。

シーズン4はレンタルで見たので、シーズン5もレンタルで見るか、数年待ってフジテレビでやるのを待つか迷うところです。

なにやらシーズン5は今までで一番良い出来らしいので、結局レンタルで見ちゃうんでしょうね。12巻まで出揃って準新作になるのは待つでしょうけどw

ちなみに現在レンタルで見ている海外ドラマは『プリズンブレイク』を5巻まで、『LOST』を3巻まで見ました。どちらも面白いです。

そろそろ『エイリアス』のシーズン3もレンタルされそうなので楽しみです。

2006年08月25日

DDO

なんとなく『Dungeons & Dragons Online』をやってみた。

2006年08月28日

プリズン・ブレイク

プリズン・ブレイク』を7巻まで見ました。

副大統領の兄の殺害容疑(冤罪)で死刑判決を受けた兄を助ける為に、頭の良い弟が銀行強盗をして同じ刑務所に入り、兄を脱獄させようとする話。

登場人物が個性的だしストーリーも面白いのでオススメなんですが、現在レンタルされている7巻ではまだ完結しません。しかもすごい良いところで終わってますw

8巻以降は12月レンタル開始なのでそれまで我慢しないと…。

2006年08月30日

開く・即発射・残尿

LOSTの続きを見ようと借りてきたDVDを入れてみてびっくり4巻飛ばしで5,6巻を借りてたおりきんです。

GEのテスト鯖にVer.1.8.21がアップされたみたいですね。そして本鯖にはVer.1.8.17さえも導入されてないとか。

ちょっと前に1.8.17が本鯖に導入されないことについて文句を書いたけど、最近ちょっと考えが変わりました。というのも「日本運営は実は被害者じゃないのだろうか?」と思うようになったのです。